B99659F9-20B5-4F62-B453-958924013A55


ーPONOS vs Team Quesoー

〜試合内容〜

・Set1
Game1、PONOSがペッカラムライダーとエリババによる攻めで圧倒し、勝利。Game2はラヴァハウンド同士の対決をライドラをうまく使って制したQuesoの勝利。そしてGame3、PONOSは先ほど敗れたラヴァデッキを再投入。Quesoの陸受け多めのデッキはハマらず、最後は攻め続けてリードを守り切ったPONOSの勝利。Set1はPONOSの勝利。

・Set2
PONOSの先鋒Raikijones選手のボウラーバルーンフリーズに対し、iAmJP選手はスケラでの落ち着いた戦いで勝利。続くKK選手もディガーウォールブレイカーで破り、2連勝。PONOSの大将Mugi選手は的確な攻めでiAmJP選手を破りますが、2番手のCuchii Cuu選手がエリゴレによる奇襲でMugi選手を止め、Set2はQuesoの勝利。

・Set3
PONOSはMugi選手が連続で登場。QuesoもエースのRUBEN選手。Game1はMugi選手が序盤にラヴァハウンドでリードするも、RUBEN選手がスケルトンラッシュでじわじわと追い上げ、最後はリードを奪って勝利。Game2はMugi選手がラヴァハウンドを連投するも、RUBEN選手がザッピーなどでそれを防ぎ、RUBEN選手2連勝。Quesoが2Set連取しました。

・Set4
後がなくなったPONOSはKK選手。QuesoはiAmJP選手。Game1、iAmJP選手の見習い親衛隊とインフェルノドラゴンが活躍しますが、最後のスケラで一気に追い上げたKK選手が勝利をもぎ取ります。そしてGame2は迫撃スケラの猛攻でペースを握り、iAmJP選手の追い上げも振り切ってKK選手が連勝。勝負は最終Setへ。

・Set5
運命の最終Set。再びMugi選手vs RUBEN選手のエース対決。Game1、ディガーウォールブレイカーで削っていくMugi選手ですが、ダメージを抑え続けたRUBEN選手が最後にムートを通して勝利。Game2は両者ディガーウォールブレイカーに。序盤大きくリードするMugi選手に対し、RUBEN選手も驚異的な追い上げを見せますが、削りでなんとか逃げ切ったMugi選手の勝利。運命のGame3、ディガーウォールブレイカーを三連投したMugi選手が序盤にじわじわと削っていくも、RUBEN選手がロイジャイを通し切って勝利。Team Quesoの勝利が決まりました。

〜所感〜

Team Quesoの勝利。大接戦でしたが、最後はRUBEN選手が勝負をモノにしました。

Quesoは2試合連続フルセットという展開に。しかしRUBEN選手はどちらの試合でも1vs1で2勝。それも世界大会という大舞台で。凄まじい実力、そして集中力と精神力です。KOHで2勝を果たしたiAmJP選手と、Mugi選手を止めたCuchii Cuu選手の活躍も無視できません。

PONOSはあと一歩。Mugi選手を持ってしてもRUBEN選手は倒せないというQuesoの強さを味わされる結果となりましたね。今のPONOSでも世界一には届かないかあと、しばらく呆然としてしまいました。しかし本当に、良い戦いをしてくれたと思います。

〜リザルト〜

・Set1
PONOS…RAD & Raikijones ○
Queso…Cuchii Cuu & BENIJU ●
・Set2
PONOS…Raikijones / KK / Mugi ●
Queso…iAmJP / Cuchii Cuu / ? ○
・Set3
PONOS…Mugi ●
Queso…RUBEN ○
・Set4
PONOS…KK ○
Queso…iAmJP ●
・Set5
PONOS…Mugi ●
Queso…RUBEN ○

MVP RUBEN

087C9DF4-B940-4FEB-BC42-B39249600103



ーSK Gaming vs paiN Gamingー

〜試合内容〜

・Set1
Game1、SKのゴーレムを硬い守りで防ぎ切ったpaiNの勝利。Game2は逆にpaiNがゴーレムを使い、少しずつ攻めを通して終盤を迎えるも、最後の呪文削りでわずかにリードを返したSKの勝利。Game3はSKがしっかりとロイジャイスケラを通し切り、勝利。Set1はSKが取りました。

・Set2
Game1はVitor75選手の追い上げを振り切る形でJavi14選手勝利。さらにJavi14選手は昨日大活躍のWallace選手とのラヴァミラーマッチもギリギリの差で制し2連勝。最後はLucas選手のクロスボウをムート迫撃で完全に防ぎ、Javi14選手の3タテ。SKが2Set連取で勝利。

・Set3
追い込まれたpaiNはSweep選手。対するSKは切り札のMorten選手。Game1はSweep選手が見習い親衛隊バルーンにエリババを加えたデッキで押し切って勝利。Game2はMorten選手がSweep選手の得意なゴブジャイスパーキーを完全に防ぎ、カウンターのメガナイトスケラで勝利。そしてGame3、Sweep選手のバルーンはMorten選手のババ小屋の硬い守りの前に通らず。スケラのリードを守り切ったMorten選手が勝利。SKがストレートで勝利を決めました。

〜所感〜

SK Gamingの勝利。2回戦も安定感を見せ、昨日Novaを破ったPain相手にストレート勝ち。

この試合はJavi14選手の3タテも光りました。Morten選手とxopxsam選手も引き続き勝利。優勝に向けて選手たちの勢いも増しています。

paiNはこの試合良いところを見せられず。最後の3位決定戦で力を見せつけられるか。

〜リザルト〜

・Set1
SK…Morten & xopxsam ○
paiN…Lucas & Wallace ●
・Set2
SK…Javi14 / ? / ? ○
paiN…Vitor75 / Wallace / Lucas ●
・Set3
SK…Morten ○
paiN…Sweep ●

MVP Javi14

B1CA0313-18E3-4F26-A6E0-FA058E8E960D



ーpaiN Gaming vs PONOSー

〜試合内容〜

・Set1
PONOSはここでYakitori & TENGODペアを投入。Game1はホグライダー同士の対決で、最後のホグライダー1発が差をつけ、PONOSの勝利。Game2はPONOSのラヴァクローンを終盤に落ち着いて防いだpaiNの勝利。そしてGame3はPONOSのバルーンスケラを防いで巨スケバルーンを通したpaiNの勝利。Set1はpaiN勝利。

・Set2
Game1、RAD選手のラヴァハウンドをしっかり防いだVitor75選手が先勝。Game2はW巨スケWロイジャイという形を作って崩して行ったKK選手の勝利。Game3はWallace選手がKK選手のスケラを防いで勝利。Game4はMugi選手がムート迫撃で勝利とシーソーゲーム。最終GameはLucas選手のホグライダーをある程度許容しながらロイジャイで攻め抜いたMugi選手が勝利。Set2はPONOS勝利。

・Set3
本日3度目の1vs1出場となるMugi選手。対するはLucas選手。Game1はMugi選手のロイジャイとLucas選手のスケラの激しい攻め合いの末、Lucas選手が最後に逆転かと思われましたが、ファイアーボールが時間切れまでに僅かに間に合い、Mugi選手が再逆転で勝利。そしてGame2はMugi選手がディガーウォールブレイカーで異次元の攻めの通し方を見せて勝利。PONOSが勝利に王手。

・Set4
Game1、Sweep選手のエリゴレをKK選手が猛烈な防ぎ続けるも、リードは守りきれずSweep選手の勝利。Game2はSweep選手の序盤の強気な攻めをしっかり止め、見習い親衛隊ロイホグで一気にリードを取ったKK選手が勝利。そしてGame3はSweep選手がロイジャイを完璧なタイミングで繰り出し、そのダメージが効いてSweep選手勝利。勝負はSet5へ。

・Set5
PONOSはMugi選手。paiNはWallace選手。Game1、Wallace選手のインフェルノドラゴンが活躍するも、Wallace選手がやや攻めすぎたところを見逃さなかったMugi選手のベビドラスケラの猛攻が決まりMugi選手勝利。そしてGame2はMugi選手がホグライダーを通し続けて勝利。PONOSが3位決定戦を制しました。

〜所感〜

PONOSの勝利。接戦を制して3位に輝きました。

Queso戦ではRUBEN選手に敗れたMugi選手でしたが、この試合ではGame6-0。その強さは最後にしっかりと証明しました。2vs2、Set4は惜しくも勝てませんでしたが、これもまた接戦で、良い戦いを見せてもらいました。PONOS、本当にありがとう。

paiNは惜しくも4位に。しかし新人チームでここまで駆け上がって来たというダークホースっぷりは凄まじいものがありました。今後この選手達がどんな活躍を見せるのか実に楽しみです。

〜リザルト〜

・Set1
paiN…Lucas & Wallace ○
PONOS…Yakitori & TENGOD ●
・Set2
paiN…Vitor75 / Wallace / Lucas ●
PONOS…RAD / KK / Mugi ○
・Set3
paiN…Lucas ●
PONOS…Mugi ○
・Set4
paiN…Sweep ○
PONOS…KK ●
・Set5
paiN…Wallace ●
PONOS…Mugi ○

MVP Mugi

F2BAB13D-EFAE-4F1C-9C37-206E444BE4F4



ーSK Gaming vs Team Quesoー

〜試合内容〜

・Set1
Game1、じりじりとした展開が続くも、QuesoがSKのミニペッカを防ぐのに失敗し、そのダメージが響いてSK勝利。Game2はSKのバルーンスケラクローンにギリギリで耐え続けたQuesoが最後に連続のスケラで逆転し、勝利。そしてGame3、序盤カウンターで一気にタワーを折ったSKが勝勢かと思いきや、Quesoもクローンとスケラで一気に巻き返し、タワーも1対1に。しかし最後はリードをギリギリ守り切ったSKが勝ち切り、Set1はSKの勝利。

・Set2
Game1はiAmJP選手がロイジャイを一気に通してJavi14選手に勝利。しかしSK2番手のxopxsam選手はiAmJP選手のエレジャイに冷静に対処し、Cuchii Cuu選手も的確な攻めの追加で勝利。大将のRUBEN選手もロイホグの削りでリード。RUBEN選手もディガークエイクで追い上げますがxopxsam選手が振り切って勝利。xopxsam選手の3タテでSKが2Set連取。優勝へ王手。

・Set3
後がないQuesoはフル回転のエースRUBEN選手。対するは世界大会3年連続出場のJavi14選手。Game1はRUBEN選手のババ小屋スケラに対しJavi14選手が迫撃スケラで常にプレッシャーをかけ続け、防衛も完璧に決めて勝利。しかしGame2、RUBEN選手はメガナイトスケラでJavi14選手の迫撃スケラをしっかりと潰し、Game3では逆に迫撃スケラを使い、Javi14選手の攻めの受け方を読んだ攻め迫撃で勝負をつけました。Set3はRUBEN選手の勝利。

・Set4
まだまだ崖っぷちのQuesoはiAmJP選手。SKはxopxsam選手。Game1、iAmJP選手は迫撃スケラでファイアーボールも使って強気に攻めるも、xopxsam選手がラヴァハウンドでカウンターを決め、一気に勝利。Game2はiAmJP選手がファイボ入りのスケラでxopxsam選手の守りを崩して勝利。そしてGame3、xopxsam選手がラヴァクローンを披露。ポイズンの無いiAmJP選手は必死に耐えるも追い込まれていきます。しかし最後に巨スケの爆弾や攻めトリトンを生かし、ロイジャイを押し込んだiAmJP選手が粘り勝ち。iAmJP選手の勝利で勝負は最終Setへ。

・Set5
SKのMorten選手vs QuesoのRUBEN選手。世界一のプレイヤーは誰かという議論で上位に位置する2人が世界一を決める舞台で争います。
Game1はRUBEN選手がホグライダーを採用。常に攻め続けることでMorten選手にラヴァバルーンを展開する隙を与えず。クエイクとホグライダーで削り切ったRUBEN選手が勝利。
そしてGame2、RUBEN選手は迫撃スケラを使い、ムートが攻めに守りに大活躍。迫撃とスケラの削りが差を生んでいき、Morten選手もロイジャイで攻めを通そうとするもののRUBEN選手の硬い守りの前に届かず。RUBEN選手がリードを守り切って時間切れ。勝ったのはRUBEN選手。

Team Quesoが優勝を決めました!

〜所感〜

優勝はTeam Queso!

敗れたSKはまたも惜しいところで敗北。優勝を逃す結果となりました。2vs2、KOHの安定感は流石だったものの、1vs1で勝ち切れませんでした。

この結果をもたらしたのはひとえにQuesoの力と言っていいでしょう。RUBEN選手の必ず勝つエースとしての強さ。そして土壇場でエースに繋いだiAmJP選手の底力も忘れてはいけません。また、1vs1の2人のため、2vs2を戦い抜いたCuchii Cuu & BENIJUの2人も良い戦いを見せてくれました。このチーム力が、3試合連続フルセットでの勝利という粘り強さを生んだのでしょう。日本チームを2つ降したという悔しさはあるものの、優勝にふさわしい素晴らしいチームでした!

〜リザルト〜

・Set1
SK…Morten & xopxsam ○
Queso…Cuchii Cuu & BENIJU ●
・Set2
SK…Javi14 / xopxsam / ? ○
Queso…iAmJP / Cuchii Cuu / RUBEN ●
・Set3
SK…Javi14 ●
Queso…RUBEN ○
・Set4
SK…xopxsam ●
Queso…RUBEN ○
・Set5
SK…Morten ●
Queso…RUBEN ○

MVP RUBEN

FE6AB2AB-F703-40BF-87C2-6D550A86DE08

A83EC0AC-DC9A-483A-B869-F39B4CE2936B


これで今年のクラロワリーグは全て終了。
アジアの統合、オンラインでの開催と、不安もありましたが、終わってみれば今年も熱い戦いの数々を見せてもらいました。
この大会の後、プロから身を引くというプレイヤーも既に何人かおり、戦い続けることの大変さもよく伝わってくる次第です。そんな環境の中、努力を続け、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるプロへの敬意を忘れてはいけませんね。

一時期と比べるとやや盛り上がりが落ち着いてしまっている昨今のクラロワですが、これからも競技シーンで輝く選手達の姿が見られるよう願っております。