CF529384-1406-48D9-A8E8-CA1D3A67F7EB


ーFAV gaming vs Team Quesoー

〜試合内容〜

・Set1
Game1はライトニングをうまく使い、ロイジャイ合戦を制したQuesoの勝利。そしてGame2、FAVはエリババによる守りとラヴァの攻めで優位に立つも、ロイジャイの攻めで巻き返したQuesoが勝利。2vs2はQuesoの勝利。

・Set2
Game1はQuesoのBENIJU選手が見習い親衛隊バルーンの圧力でKitassyan選手を撃破。しかしFAVの2番手Hajime選手が快進撃。ラヴァでBENIJU選手を破り、iAmJP選手との接戦もスケラで制して2連勝。さらに大将のRUBEN選手のエリゴレも巨スケをうまく使って撃破。Hajime選手の3タテにより1対1になりました。

・Set3
FAVはHajime選手が連続出場。QuesoもRUBEN選手が連戦。RUBEN選手はGame1でムート入りのバルーンを繰り出し、Hajime選手のバルーンを撃破。Game2ではディガーウォールブレイカーで、Set2で敗れた巨スケロイジャイにリベンジ。RUBEN選手が借りを返す形でQuesoが勝利に王手。

・Set4
後がないFAVはJACK選手。対するはiAmJP選手。Game1はラヴァハウンドの強気な攻めでJACK選手の勝利。Game2はお互いディガーウォールブレイカーとなりますが、アースクエイクも生かして先に削り切ったJACK選手の勝利。勝負は最終Setへ。

・Set5
Game1、巨スケとロイジャイをうまく組み合わせた攻めからペースを握ったRUBEN選手が一気にリードを取って勝利。そしてGame2、両者ラヴァハウンド。終盤Hajime選手がRUBEN選手の攻めに耐え、あと一歩に迫るものの、RUBEN選手のラヴァハウンドを使わない攻めが最後に決まり、RUBEN選手の勝利。Quesoが勝利を決めました。

〜所感〜

Team Quesoの勝利。RUBEN選手の躍動が光り、接戦を制しました。

KOHやiAmJP選手の敗北はQuesoにとって想定外の展開だったかと思いますが、それを立て直してしまう力強さがRUBEN選手にはありました。2vs2で勝てたのも非常に大きな勝因。シーズン序盤では苦戦していた2vs2も今では武器です。

FAVはここで敗退。Hajime選手の3タテ、JACK選手のストレート勝ちと、良いシーンはかなり見せていただけに、ここで終わるのは惜しい。WESTのチャンピオンにここまで渡り合えたことを誇りに、これからの道を進んでいって欲しいところです。

〜リザルト〜

・Set1
FAV…Kitassyan & JACK ●
Queso…Cuchii Cuu & BENIJU ○
・Set2
FAV…Kitassyan / Hajime / ? ○
Queso…BENIJU / iAmJP / RUBEN ●
・Set3
FAV…Hajime ●
Queso…RUBEN ○
・Set4
FAV…JACK ○
Queso…iAmJP ●
・Set5
FAV…Hajime ●
Queso…RUBEN ○

MVP RUBEN

63F0C771-E6E4-42A7-B00F-4499169FADA8



ーTribe Gaming vs PONOSー

〜試合内容〜

・Set1
イーストのベスト2vs2ペアRAD & Raikijonesに対するは最終戦でお披露目されたTNT & JupiterKingペア。Game1はロイジャイスケラでPONOSが勝ち取るも、Game2はTribeがバルーンスケラを押し込み勝利。そしてGame3はロイジャイスケラのPONOSとシンプルなロイジャイのTribe。接戦の末スケラで押し切ったPONOSが勝利し、Set1を取りました。

・Set2
Game1はKOH久々の登場となるAzilys選手が強さを見せ、Yakitori選手を撃破。しかしPONOS2番手のKK選手が枯渇でAzilys選手を破り、JupiterKing選手との接戦にも勝利。その後Tribeの大将Boeufmac選手はKK選手のエリゴレに対し粘り抜いて勝利。勝負は最終Gameへ。PONOSの大将Mugi選手に対し、Boeufmac選手は思い切って攻めるも、それを受け止めたMugi選手がカウンターで大きくリード。最後Boeufmac選手が巻き返しかけるものの、しっかり止め切ってMugi選手が勝利。Set2もPONOSが勝利しました。

・Set3
Mugi選手vs JupiterKing選手。各リーグトップクラスの活躍をしたエース同士の対決です。Game1は序盤からJupiterKing選手のデッキを完璧に把握したMugi選手が猛攻をしかけ、3クラウン勝利を達成。しかしJupiterKing選手もGame2、冷静なスケラ捌きで勝利。そしてGame3、JupiterKing選手のミスを突いたMugi選手が一気にリード。JupiterKing選手も追い上げますが、凌ぎ切ったMugi選手がスケラで勝負をつけ、勝利。PONOSが3Set連取で勝利を決めました。

〜所感〜

PONOSの勝利。かなり熱戦という印象の試合でしたが、終わってみれば3-0での勝利でした。

全Setフルゲームにもつれこむ内容でしたが、ここ1番でのPONOSの強さが光りました。Game3はどの試合も接戦でしたが、ギリギリで耐え、攻めを通して勝ち切る強い戦いでした。KOH2連勝で流れを作ったKK選手の活躍も大きい。チームに勢いをもたらす勝利でした。

Tribeはここで敗退。ここも一回戦で終わるには惜しいチームです。特にJupiterKing選手の冷静な追い上げは非常に恐ろしいものがありました。この多国籍チームがまた集結するのは難しいかもしれませんが、また違う場所だとしても活躍を応援したいチームでした。

〜リザルト〜

・Set1
Tribe…TNT & JupiterKing ●
PONOS…RAD & Raikijones ○
・Set2
Tribe…Azilys / JupiterKing / Boeufmac ●
PONOS…Yakitori / KK / Mugi ○
・Set3
Tribe…JupiterKing ●
PONOS…Mugi ○

MVP Mugi

AC42E1D5-302B-4D28-A1EA-3B4268ED2570



ーpaiN Gaming vs Nova Esportsー

〜試合内容〜

・Set1
Novaはイースト最強レベルのAuk & Lciopペア。paiNはレギュラーシーズン無敗記録のLucas & Wallaceペア。Game1、Novaが迫撃スケラで翻弄するも、ロイジャイとライトニングでじっくりと返していったPainが僅かの差で勝利。勢いに乗ったPainはGame2、ロイジャイの猛攻でNovaに攻める隙を与えず。Set1はストレートでpaiNが勝利しました。

・Set2
Game1はVitor75選手が詰めを誤り、Lciop選手がラヴァで逆転。しかしPainの2番手Wallace選手は見習い親衛隊バルーン、ババ小屋スケラによりLciop選手、Auk選手を立て続けに撃破。Nova大将のLittle Chen選手までもスケラフリーズで圧倒し、Wallace選手が3タテ。paiNが勝利にあと1Setと王手をかけます。

・Set3
後がないNovaはCRS選手。paiNはLucas選手。CRS選手はLucas選手のロイジャイ猛攻を防ぎ切り、スケラでGame1を勝利。そしてGame2はLucas選手のファイアーボールを誘いつつラヴァハウンドの攻めを丁寧に組み立て、最後に一気に通して勝利。冷静な立ち回りでCRS選手が勝利。

・Set4
Novaは再びLciop選手。paiNはVitor75選手。Game1はLciop選手がマジックアーチャーの貫通ダメージを10発通すという脅威のプレイングでLciop選手勝利。そしてGame2はKOHでも見せたラヴァハウンドボンバーデッキで一気に勝利。Lciop選手の勝利でSet5へ。

・Set5
Novaは再び大将を務めるLittle Chen選手。paiNは絶好調のWallace選手。Game1はLittle Chen選手がラヴァハウンドの粘り強い攻めで勝利。Game2はLittle Chen選手のバルーンになんとか耐え切ったWallace選手の勝利。そしてGame3、Wallace選手のボウラースケラにキング起動も含めて耐え、見習い親衛隊バルーンで追い詰めるLittle Chen選手。しかし最後、Little Chen選手のトリトンが引き寄せたボウラーの岩がタワーに当たり、ダメージ差が逆転。Wallace選手の勝利が決まり、paiN Gamingが勝利を収めました。

〜所感〜

paiN Gamingの勝利。Set2まで連勝し、Novaに追い上げられたものの最後に振り切り、勝利しました。

MVPはなんといってもWallace選手。2vs2、KOHで大活躍し、最後の1vs1でも勝ち切る強さ。正直シーズンが始まるまであまり名前を聞かなかった選手なのですが、こんなに恐ろしい力を持っていたとは。ダークホースの飛躍はまだ続きます。

イースト王者のNovaはまさかの一回戦敗退。今年のNovaは再び優勝を狙えるメンバーと目されていましたが、ここで終わってしまうとは。最後も本当に僅差で、悔やまれるところも多いでしょう。しかし、この負けからNovaはまた更に恐ろしいチームになっていきそうな予感もします。

〜リザルト〜

・Set1
Pain…Lucas & Wallace ○
Nova…Auk & Lciop ●
・Set2
Pain…Vitor75 / Wallace / ? ○
Nova…Lciop / Auk / Little Chen ●
・Set3
Pain…Lucas ●
Nova…CRS ○
・Set4
Pain…Vitor75 ●
Nova…Lciop ○
・Set5
Pain…Wallace ○
Nova…Little Chen ●

MVP Wallace

D1A6EC5A-F1C4-4A82-902A-30F58C3812C7



ーW.EDGM vs SK Gamingー

〜試合内容〜

・Set1
Game1はW.EDGMのエレジャイを落ち着いて防いだSKの勝利。Game2はラヴァハウンドの攻めを綺麗に通したW.EDGMの勝利。そしてGame3、残り1分まで待ち、W.EDGMがメガナイトヒーラーバルーンで仕掛けるも、落ち着いて防いだSKがラヴァバルーンを通し切って勝利。Set1はSKの勝利。

・Set2
SKの先鋒SergioRamos選手はRadish選手の見習い親衛隊陸攻めデッキに落ち着いて対処し、1勝。Higher選手がスケラの粘り強い攻めでSergioRamos選手を破るも、SK2番手のxopxsam選手がババ小屋ロイホグでHigher選手を破り、大将のSoloman選手もラヴァの攻めをしぶとく繋げて撃破。SKが2連勝。

・Set3
後がないW.EDGMはHigher選手。SKはxopxsam選手。Game1はダークプリンス入りのスケラでダメージを重ねたHigher選手が、Game2はラヴァハウンドでホグライダーを圧倒したxopxsam選手の勝利。そしてGame3、バルーンとディガーの削りでリードを得るxopxsam選手でしたが、Higher選手がスケラでじりじりと追い上げ、最後は逆転。Higher選手が接戦を制して望みを繋ぎます。

・Set4
W.EDGMはSoloman選手。SKは切り札のMorten選手。Game1は終盤メガナイトスケラで一気に流れをモノにしたSoloman選手が勝利。Game2もラヴァハウンドでSoloman選手がペースを握ります。しかし完璧な防衛を続けたMorten選手が粘りに粘り、最後はHP26で耐えてスケラでMorten選手が逆転勝ち。Game3では再度ラヴァハウンドを投入するSoloman選手でしたが、Morten選手がハンターを巧みに使い、防ぎ切ってMorten選手勝利。SK Gamingの勝利が決まりました。

〜所感〜

SK Gamingの勝利。2vs2、KOHと、断トツの安定感を見せて、その流れに乗って勝利を決めました。

今回はほとんどMorten選手とxopxsam選手の2人でもぎ取った勝利。2vs2も1vs1もこの2人で勝ち切れるという恐ろしい万能さです。SergioRamos選手も久々に勝利を挙げ、さらにはJavi14選手も控えます。昨年のリベンジの時も近づいています。

W.EDGMはここで敗退。Higher選手の勝利で流れを変え、Soloman選手もMorten選手を追い詰めていたのですが、あと一歩及びませんでした。W.EDGMはこれまでも苦しい場面から幾度も勝ってきたチームで、それを思い起こさせる戦いぶりには、このチームとしての強さを再確認させられました。

〜リザルト〜

・Set1
W.EDGM…Higher & Soloman ●
SK…Morten & xopxsam ○
・Set2
W.EDGM…Radish / Higher / Soloman ●
SK…SergioRamos / xopxsam / ? ○
・Set3
W.EDGM…Higher ○
SK…xopxsam ●
・Set4
W.EDGM…Soloman ●
SK…Morten ○

MVP Morten

0D9CD37A-5DA2-4BFC-9C50-F19E5B95EB57