大盛り上がりを見せた8000最強決定戦。
そしてそれ以上に大きな反響を呼んでいるのがドズルさん主催のクラロワ最強決定戦。
紆余曲折を経て、24名のプレイヤーが最強を決める戦いに臨むこととなりました。

この24人のプレイヤーとはどんなプレイヤーなのか、私の知っていることと調べたことを少し書かせていただきました。私の情報も濃いわけではありませんが、少しでもプレイヤーを知るきっかけとなれば幸いです。

ーAブロックー

むぎ 8670
主な実績
グローバルマルチ 1位フィニッシュ
8000最強決定戦ベスト8

「最強のプレイヤーは誰か?」の選考でも1位に輝いたお馴染みAIプレイヤー。高回転デッキを得意とし、不利な状況を簡単に巻き返すプレイスキルを持ちます。
しかし8000最強決定戦では決勝トーナメント一回戦で敗退。今回の大会で本当の最強を証明できるかに注目です。


JACK 8475
主な実績
グローバルマルチ 1位フィニッシュ
FAV gaming CUP 2020 優勝

世界のプレイヤーから「日本で1番強いプレイヤー」として名の上がることの多いトップ選手。ホグライダーを得意としていましたが、プロでの経験も経て今やどんなデッキも使いこなします。
同じ世界一経験者のむぎ選手との対戦も確定しており、元祖世界一としての強さを見せつけられるか。


グッドナイト下川 8455
FAV gaming CUP 2019 ベスト4
グローバル大会 15位フィニッシュ

8000最強決定戦にも出場し、色々な面で盛り上げたバルーン使い。その時のことでネタにされがちですが、大会実績もあり、実力は間違いなし。
特にミニペッカやインフェルノドラゴンを入れた「下川バルーン」を使った時の切れ味は抜群。世界的プレイヤーにも食らいついていくことでしょう。


おどろねすの会 8307
グローバルマルチ 140位フィニッシュ
グローバル大会 12位フィニッシュ

🏆8300を超えるメガナイト枯渇使い。失礼ながらあまり存じ上げなかったのですが、グローバル大会12位というのは日本有数の記録。
無名最強決定戦の予選でも3位に入るなど、確かな実力を見せての参戦。どんな戦いを見せてくれるのか楽しみです。


Starry 8272
主な実績
8000最強決定戦 ベスト4
vs KIX日本代表予選 優勝

大会への出場も多く、実力の知られるゴーレム使い。正確な配置による攻めが鋭く、8000最強決定戦での予選落ちの危機から駆け上がった逆転劇は記憶に新しいです。
その時の決勝トーナメントで破ったむぎ選手とは同じブロック。再びその強さを見せつけられるか。


天GOD 8022
主な実績
クラロワ日本一決定戦 ベスト8
クラロワリーグアジア2018シーズン1 優勝

PONOS最古参のプロプレイヤー。1vs1ではジャイアントを得意としますが、今季はトリプルドラフトで新境地を拓き、高い対応力を見せました。
他のプロと比べるとマルチでの成績からか投票順位が下でした。それをひっくり返すような活躍を見せられるか。


ーBブロックー

ぐりこ 8642
主な実績
グローバルマルチ 2位フィニッシュ
8000最強決定戦 優勝

超ハイレベルだった8000最強決定戦の優勝者。グローバルマルチでも常に上位。迫撃砲などを中心とした鉄壁の守りが印象深いです。
このぐりこ選手がまだ最強と満場一致で言われていないということが今回の大会の始まり。ここで優勝して最強を見せつけられるか。


Pandora 8478
主な実績
BrenChong Cup ベスト8
第三回ドズルカップ 優勝

さまざまな大会に参戦し、優勝をもぎ取っていくまさに大会荒らし。どんなデッキも使いこなせるというのがこの方の大会での強さを支える大きな長所です。
8000最強決定戦では惜しいところで敗れ予選敗退。今回その無念を晴らすことができるか。


KK 8418
主な実績
クラロワリーグイーストスペシャルシーズン 勝率1位
第二回ドズルカップ優勝

アジア全体でもトップに入る強さを誇るプロプレイヤー。2019年のシーズン1、そして今季のスペシャルシーズンでは1vs1で凄まじい成績を挙げました。
広いデッキ幅の中でも特に枯渇は抜群の強さ。トッププロとしてこの大会でも強さを見せられるか。


Kitassyan 8308
主な実績
FAV gaming CUP 2019 ベスト8
FAV gaming CUP 2020 ベスト8

FAV所属のプロプレイヤー。2vs2のイメージが強いものの、マルチでも大会でもコツコツと実績を積み重ねています。
得意はホグライダーデッキ。1vs1での出番が少ないKitassyan選手が他にどんなデッキを仕上げているかというのも楽しみです。


みかん坊や 8269
主な実績
クラロワリーグアジア2018シーズン1 最多勝
クラロワオールスター最強決定戦 準優勝

かつてプロリーグで日本のファンを大いに沸かせた元プロプレイヤー。今でもクラロワの発展のために積極的な活動を続けています。
3月ごろの生放送大会ではまだまだ強いというところを存分に見せていました。このハイレベルな大会でレジェンドがどんな戦いを見せるのか、非常に楽しみです。


HANExHANE 8092
主な実績
8000最強決定戦 ベスト8
第一回ドズルカップ 優勝

現在はFAV所属のストリーマー。ハイテンションなキャラながら、巨スケを駆使した独創的な戦いは常に相手を翻弄します。
闇の天使の力は猛者達をも苦しめるのか。ハイレベルな相手との戦いがとても楽しみなプレイヤーです。


ーCブロックー

OYASSUU 8552
主な実績
vs KIX 日本代表予選 準優勝
ドズルチャンピオン 5代目

海外でも知名度がある日本屈指の高回転使い。5月のシーズンでは日本1位のグローバルマルチ1桁フィニッシュを達成しています。
デッキ幅も広く大会での活躍も多いですが、8000最強決定戦では少し悔しさの残る結果に。仕上がっている今回その強さを発揮するか。


ANANY 8519
グローバルマルチ 36位フィニッシュ
無名最強決定戦 ベスト16

上位プレイヤーから実力者としてと名前の挙がることが多いメガナイト枯渇使い。🏆8519は日本で6番目に高い記録です。
無名最強決定戦の予選でもその強さは炸裂。トーナメントでは敗れた悔しさをこのハイレベルな舞台で晴らすような活躍に期待です。


Over かずと 8383
主な実績
グローバル大会 1位フィニッシュ
ハネハネカップ 優勝

どんな舞台でも相手を煽るヒールっぷりで良くも悪くも多くの人に印象を残すプレイヤー。しかし実力は本物。広いデッキ幅を持ち、ハネハネカップ、グローバル大会と立て続けに実績を残しています。
この大舞台で煽りを決める姿も、この人には少し期待してしまう自分がいます。


Nico 8315
グローバルマルチ 95位フィニッシュ
グローバル大会 13位フィニッシュ

ベニテングダケという名前で長く日本の上位で活躍するスケラ使い。以前は独自のスケラフリーズをよく使用していましたね。
SNSでの存在感も見られた方でしたが、大会での戦いはあまり見たことがありません。どんな戦術が見られるのか楽しみです。


可哀想な翔子さん 8239
主な実績
グローバルマルチ 59位フィニッシュ
グローバル大会 29位フィニッシュ

ペッカ攻城日本一の呼び声が高いプレイヤー。特にこの方はマジックアーチャー全盛期でもガーゴイル入りに拘り結果を残しているレアな存在です。
この方も大会での試合はあまり見たことがありません。私もよくガゴ型のペッカ攻城を使うので注目して見たいプレイヤーです。


X-Bow Master 8134
主な実績
クラロワ世界一決定戦2017 ベスト16
クラロワリーグイーストスペシャルシーズン MVP

日本のプロチームに属する唯一の韓国人選手。クラロワリーグで長きにわたって活躍する文句なしの実力者です。
今年、プロリーグのBO3では1度しか敗れていないという無敵っぷりを発揮中。果たして止められる人は現れるのでしょうか。


ーDブロックー

Hajime 8548
主な実績
グローバルマルチ 1位フィニッシュ
Red Bull MEO 2019 日本大会 優勝

日本で3人目に世界一を達成したプレイヤー。大会参加にも積極的で、数々の実績を残しています。
先日のRed Bull MEO世界大会でも並いる強豪の中でベスト4に名を連ねました。切り札のクロスボウやその他練度の高いデッキを武器に、今大会でも活躍を見せるか。


RAD 8523
主な実績
8000最強決定戦 準優勝
クラロワオールスター最強決定戦 優勝

大会企画では毎回上位に躍り出る日本のトッププロ。オールスター最強決定戦ではミラー入りデッキで優勝するなど、独創性も持ち合わせています。
8000最強決定戦では惜しくも優勝を逃しましたが、今回念願の優勝を果たすことができるでしょうか。


ライキジョーンズ 8370
主な実績
クラロワリーグアジア2018シーズン1 優勝
FAV gaming CUP 2020 優勝

プロプレイヤーとして活躍し、今や誰もが知るプレイヤーに成長した選手。ここ一番での勝負強さに定評があります。
個人戦での登場はあまり多くないものの、FAV CUPでは日本プロでも上位と言える力を見せつけました。同じブロックにはチームメイトが2人もおり、どんな対決を演出してくれるのかにも期待です。


Entrance 8352
主な実績
BrenChong Cup ベスト32
無名最強決定戦 優勝

先日の無名最強決定戦で優勝し、一気に存在感を強めた三銃士使い。10コストにされた不遇の時期も三銃士を使い続けてきた、まさに三銃士マスター。
世界的大会で決勝トーナメントに進んだ経験もあり、実力は間違いないでしょう。プロが4人立ちはだかるブロックで勝ち抜き、無名最強の力を見せるか。


焼き鳥 8199
主な実績
8000最強決定戦 ベスト8
Red Bull MEO 2019 日本大会 ベスト4

日本の混合大会では必ず上位に残る安定感を持つプロプレイヤー。一方大舞台ではミスをするなど、メンタル面は少し弱点と思われていました。
しかし今年、プロの戦いでは1vs1で強豪を倒していくダークホースとして活躍。確実に飛躍を遂げた今、最強へと駆け上がるか。


けんつめし 8164
主な実績
クラロワアジアカップ ベスト4
クラロワアジア競技大会 日本代表

日本のクラロワ界を牽引してきたプレイヤー。プロとしても今年初優勝を経験。その振る舞いも含め、人物的にその存在感はより強くなっています。
トリプルドラフトを磨き、KOHでも大事なところで勝利を挙げたその強さは今も疑い無し。大舞台で強くなるけんつめし選手の久しぶりの個人戦参戦。非常に楽しみです。



この24人の中から最強が決まります。
どのグループも超ハイレベル。どんな結果になるか予想もつきません。

予選は13日スタート。ハードなスケジュールとなりますが、応援しつつ楽しませていただきます。